洗顔方法を変えたら敏感肌が改善したよ!

はじめまして♪オシャレ大好きののぞみです!

 

キレイなお肌はお洋服やアクセサリーを引き立たせてくれるので、毎日お肌のお手入れは欠かせません!
けれど、敏感肌の私にとってお肌のお手入れはいちばん難しくて気をつかうことなんです。

 

それに敏感肌は気候にも敏感なのでその季節によってお肌トラブルも違ってきます。

 

夏は汗をかくとチクチクするのでアクセサリーがつけられなかったり、
夏の強い日差しに当たるとピリピリするので日傘はかかせません。
冬は空気の乾燥で肌も乾燥してひどいときには粉をふくことも。。。

 

今年一目惚れして買ったセーターもチクチクして着られなくなったときは悲しかったです。
年中お肌トラブルに悩まされ、何よりオシャレが出来なくなるのはとってもつらいです。。

 

もちろん化粧品は敏感肌用のものを使っているけど、
そもそも敏感肌は肌に刺激の少ない化粧品を使うしか対処法はないの?敏感肌を根本的に改善する方法はないの?
と思うようになり調べてみることにしました。

 

そしたら敏感肌を改善するには洗顔が大切だということがわかったんです!
敏感肌は刺激と摩擦が1番イケナイらしく、これを避けることで敏感肌は改善するらしいです!

 

そのポイントというのは、

 

ゴシゴシこすり洗いをしない

ぬるま湯で洗う

洗浄力の強い洗顔料やクレンジング剤を使わず洗顔石けんを使う

 

なんせ刺激を与えないというのが鉄則なんですね!

 

なのに私ったら間違った洗顔をしていました。以前、日中のメイクがお肌に残っているとそれが炎症を起こして肌荒れする原因になると聞いたことがあったので、私の洗顔方法はメイクや汚れが残らないように洗浄力抜群の洗顔フォームを使っていたのです。

 

強い洗顔料を使うことによって皮脂が落ちすぎてしまいお肌のバリア機能が低下するので余計に敏感肌をひきおこしてしまうようです。

 

そこで私も洗顔石けんで洗顔をすることにしました。
この洗顔石けんは100%無添加で、余分な汚れや皮脂をおとしつつも、お肌の水分とバランスを保ってくれるのでお肌への刺激も少ないんです。

 

私が使って良かったと感じたのはこれです。>>【HappyTouchナチュラルソープ】

 

洗顔石けんを使って、正しい洗顔をやってみた感想は
確かにフワフワに泡立てた泡は気持ちいいけど、いつもゴシゴシ洗っていたから、正直こんなのでいいの?って思っちゃいました(笑)

 

でも洗った後のお肌の感じがぜんぜんちがいました!

 

洗顔後のお肌の突っぱりがなくなったし、化粧水や乳液がしみなくなりました。
これって肌が敏感じゃなくなってるってことですよね!

 

それにファンデーションをつけてもかゆくならないし、安心してメイクも楽しめるようになって、
なによりも敏感肌が改善したおかげで可愛いお洋服を着られたり、アクセサリーもつけられるようになったのがイチバン幸せです☆

 

敏感肌を改善させる正しい洗顔方法

まず顔を洗う前に手を洗って手についている菌を落とします。

 

次にぬるま湯で顔をなでるように優しく洗います。熱いお湯は必要な皮脂まで落としてしまい、
逆に冷水も肌への刺激が強くなりますので、
32〜35度程度の少しぬるく感じるくらいの温度にします。

 

次に洗顔料をしっかりとふわふわになるまで泡立てましょう。
この泡がクッションとなって、洗ったときの摩擦を軽減してくれます。

 

泡だったらまず皮脂の多いTゾーンから、そしておでこ、こめかみ、鼻と順番に広げていって指でクルクルと回しながら洗います。黒ずみになりやすい鼻周りは特に念入りに洗います。

 

次にほっぺ、最後に目と口を洗います。この部分は、皮脂が少なく皮膚も薄いデリケートな場所なので、泡を乗せる程度に洗います。
ぬるま湯で泡をしっかりと洗い流します。この時も擦らずになでるように洗います。

 

泡がのこらないよう最低30回は繰り返してすすぐようにしましょう。特にあごやこめかみや髪の生え際などの部分は泡が残りやすいので、
注意してくださいね。

 

最後に清潔なタオルを顔に当てて顔の水分を吸収させるようにします。
この時も絶対に擦ってはいけません!

 

こんな感じで敏感肌の洗顔は優しく洗って、擦って摩擦を起こさないように徹底すれば敏感肌も改善できますよ!